2009年10月31日

C級整備 その2

本日は 晴れ

明日からは雨へと天候が悪くなるとのことなので、重い腰を上げて、C級整備に取り掛かりました。

修理箇所は2箇所。

激走 R299で譲り受けたときからひ弱だったフロントフェンダーが壊れてしい、ついでに各部チェックと愛馬の回りを点検すると、チェーンの伸びに気づいてしまい、何とかしなければと思いつつ、1ヶ月見ぬ振りをしていました。たらーっ(汗)

まずはフェンダー

CIMG0162.JPGCIMG0161.JPG

エポキシ系硬化パテにて劣化してバラバラになった部品をつなぎ合わせつつ成型していったのですが、どうもFJのPSB樹脂との相性が悪く失恋剥離してします。

仕方が無いので、再度脱脂して、パテ盛りです。

で、本日の本命、本題、チェーン調整。

センタースタンドでこの状態

CIMG0166.JPG

44mm

ダメダメです

オーナーズガイドには、調整はセンタースタンドで15mm~20mmと有ります。

ネットサーフィンしてみると、センタースタンドはNG、リンクと前後スプロケが一直線に並ぶ位置で数mmに調整するのでBESTと出てきます。

かの、新谷かおる先生の「左回りのオクロック」でも、「チェーン調整は女の子を乗せてやるのが一番よ黒ハート」なるセリフもあります。

てなことで、嫁の緊急出動ふらふら

CIMG0160.JPG

本邦初公開の○○ふらふら

この状態でここまで調整。

CIMG0165.JPG

数mmです。手(チョキ)

で、緩めたこいつらを

CIMG0164.JPG

ノギスを使って左右均等にして

CIMG0163.JPG

リアアクスルのナットを締めて割りピンさして、

完成です。手(チョキ)

所要時間は1時間。

まあまあでしょ わーい(嬉しい顔)

これで、c’整備士に近づきました。

B級整備士には程遠いですたらーっ(汗)




















あ、センタースタント立てて計ったら、15mmになっていたのは秘密です。
たらーっ(汗)
タグ:FJ1200
posted by gazelle at 19:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | FJ1200 | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

祝 1年(^o^)/

祝 1年 (^o^)/

なんだかんだ言って、何とか続きました^_^;

しかし、この1ヶ月まともに書いてないな^_^;

来年は、祝2年の文字をまた躍らせたいですm(__)m

読者の皆様。ありがとうございます。
タグ:日記
posted by gazelle at 07:30| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

XADOとの出会い~その8~

皆さん「XADO」ってご存知だろうか?

これで「ハドゥー」って読みます。「波動」じゃないですよ(*^_^*)

ウクライナのオイルですね。詳しくは ここ左斜め下
xado-banner.gif


さてさて、「XADO」をいれてから4回目の遠出です。500.8km走ってきました。
そう、今まででは最長です。手(チョキ)

なにがあったってexclamation&question

私の駆るバイクのオフ会です。場所は蓼科。

今回のルートは、行きがR299の走破を目的にオール下道。

帰りは、ETCの恩恵を受けるべく中央高速と言うオーソドックス(?)なルート

これ右斜め下




行きの都市部は3速、4速でクルージング。
峠部は2速、3速を多様
高速部は5速の全域クルージングです。

山の上はもう紅葉が始まっていましたね。



で、早速4回目の評価を。

走行距離 500.8km 天候曇り 気温20℃

都市部
1. 発熱。油温で80℃~110℃。クルーズを始めるといきなり低温になる。信号待ちによるGo-Stopだと110℃近くまでなる。

2. レスポンス。パワーの出方に問題はない。

3. 音。前回と変わらず。

4. 燃費。13.37km/lit。早朝でほとんどgo-stopが無かったからであろう。でも、若干不満が残る数字。

峠部
1. 発熱。油温で90℃~110℃。3速での高速コーナーはやはりオイルクーラーの恩恵を受けているのか、油温は低い。2速多様区はそれでも110℃程度だ。外気の影響をかなり受けているのだろう。

2. レスポンス。パワーの出方に問題はないが、2速区でもたつきが出始めた。2,000rpmくらいからあろうか、スロットルに従順に反応しない、一旦息をついてから盛り上がってくる。
最近、町載りばかりで、変な癖がついたか?
あとの回転域では、FJの凶暴なエンジン特性はそのまま。

3. 音。前回と変わらず。

4. 燃費。12.24km/lit。ほとんどがヘヤピンとヘヤピンの間をつなぐ短距離直線で3速に上げる間も無くブレーキを繰り返す区間。
それで、この燃費は拍手ものか。

高速区間
1. 発熱。油温で80℃~90℃。低回転のエンジンにオイルクーラー、外気温が相まって、過冷却気味か。

2. レスポンス。パワーの出方に問題はないが、峠で見つけた症状は高速でも再発、ちょいとアクセルを乱暴に開けるともたつく。

3. 音。前回と変わらず。

4. 燃費。20.45km/lit。ほとんど驚異的。250kmを80~120km/hrでクルーズしていれば納得の数値か。


総評 
夏の一番暑い時期に載れなかったので、一番過酷な時期のデータ取りは出来なかったが、今までの最長距離を載って特出すべき項目は、やはり燃費であろう。
これだけ好成績を収めたことに驚きである。

今回は、油温計が手に入ったので、客観的な観察が可能となった。
当初、柔めのオイル?との若干の不安はあったが、夏及び今回の低中速長距離区間において、十分な熱発散を行ってくれたことで、一応、及第点はあげられそうだ。
後は、来年の夏のシーズン、アスファルトジャングルでのGo-Stopが何をもたらすか、検証を残すのみである。

まあ、このオイル自身、20,000kmか1年の早いほうで交換というタフさがあるので、来年の夏、検証してから交換しますか。
posted by gazelle at 10:18| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ1200 | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

R299走破?!&'09 FJ OFF IN 蓼科 ~その7~

ドコモ提供が熱を出したので早く帰って来いと嫁からチケットで、汚当犬に変身した私ですが、一応お約束なんぞかまして見ました。

CIMG4770.JPG


さてさて、

チケットもだいぶいいタイミングで来たので焦る必要はありません。

帰り支度と状況を確認するために同郷の方々を散策。

すると、Camelさんが前日のお痛たでフロントが無いとのこと。

これは護衛艦隊の出番ですな。などど考えていると、Beeさんも護衛艦隊に参加してくださるとのこと。

チーム茨城も時間に追われている様子を悟り、声をかけてみると、やはり帰国予定とのこと。
さすが本当のお父さんjohnnyさんは家族のお土産を所望されているので途中の駐車場トイレレストランで探すことにして、昼飯を食べに解散した仲間達を見送り、OFF会場を最後に出発です。ダッシュ(走り出すさま)

負傷艦とはいえ、そこはFJ載り、強襲部隊のBeeさんと共に、ヒラリヒラリと敵機を追撃し、護衛艦隊の道を空けてくれます。

八王子バリヤーで強襲揚陸部隊と別れチーム茨城をつれ山手トンネルへ60ノットの巡航で加平駐車場トイレへ到着。

CIMG4785.JPG

何でもチーム宮城は中間地点に達し、河童ーになっているとの情報。

加平の雲行きを怪しくなってきたので、三郷で別れることをチーム茨城に告げ、最後の艦隊行動。

やはり手(パー)は限界、ですが、無事に帰るまでがツーリング。

CIMG4786.JPG

総走行距離 500.8km

いや~、みなさんお疲れさんでした。

ちなみに、熱を出したドコモ提供はすやすやと眠い(睡眠)ました。
タグ:FJ1200
posted by gazelle at 19:24| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクライフ | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

R299走破?!&'09 FJ OFF IN 蓼科 ~その6~

さて、R299も我がの中に収めたので、本日、本来の目的である、

'09 FJ OFF

に向かいます。

しかし、すでにフェールメータは赤信号を灯しております。

すかさず、先まで仲間がいたガソリンスタンド

たらーっ(汗)

まだ、みなさん居ます

そんな、私を尻目にみなさん給油を終え、隊列をなして目的地へと向かいます。

わたしも取り急ぎ給油を済ませ目的地へ

ダッシュ(走り出すさま)

居ます、居ます。

絶滅危惧異種

CIMG4783.JPG

全52台

CIMG4776.JPG
CIMG4777.JPG
CIMG4778.JPG


と感動に浸っていると嫁からチケット

ドコモ提供が熱を出したので早く帰って来いとの指令もうやだ〜(悲しい顔)

汚当犬に変身です。
タグ:FJ1200
posted by gazelle at 22:11| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクライフ | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

R299走破?!&'09 FJ OFF IN 蓼科 ~その5~

十石峠を越え、さらに酷道と化した R299を下っていきます。

はっきり言って、すでに家を出て5時間以上。

峠道によるシフトのアップダウンで手(パー)は限界です。バッド(下向き矢印)

回転だけ合わせ、ノンクラシフトです。

やっとこさっとこ、何所がビーナスだかわかりませんが、ビーナスラインに入り、R299最高地点の「麦草峠」のカメラさえ撮ることを忘れる始末。がく〜(落胆した顔)

とっくに酷道は、国道となっているのに、心は酷道のままです。

転げるように街中に入っていき、ガソリンスタンドスタンドで手(パー)振る方が。

目

exclamation&question

exclamation×2

知った黒毛、白銀のFJがザックザク。わーい(嬉しい顔)

でも、皆さん、私が変な方向に向かっていくので怪訝な顔です。

そして、ふと気付ば、国道20号の看板。

最後の力を振り絞って、クラッチの手(パー)を握ります。

そして

CIMG4767.JPG

到着 午前9時36分

走破しました。

R299

走行時間 4時間10分

逆側 茅野市新井の御結び2つもカメラ

CIMG4768.JPG
タグ:FJ1200
posted by gazelle at 23:26| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクライフ | 更新情報をチェックする