2014年01月26日

ラーメン激戦区!?~番外編 その39~

さて、幽閉先に居ると日曜日ははっきり言ってやることがありません。
掃除、洗濯、後は観光案内所に行き、地域の観光スポットに出かけるか、漫喫で一日をやり過ごします。
とわ言え、折角の幽閉先です、日ごろ食べられないものを求めて、メタボを気にせずラーを探します。(^o^)/

というわけで、いつものフレーズ

うちの市は「ラーメン激戦区」らしい(゜o゜)??
確かに、大勝軒、らーめん二郎、とみ田、貴生本店と挙げれば限が無いくらい多いのは確かである。
だが、激戦区だからといってその中だけで甘んじていてはイカン~(^o^)/オ~

本日、出陣したのはここ。
image.jpg
ラーメン専門店 E・Y 竹末

何か名前が妙です。E・Y?
それは、店に入ると正体を現します。^_^;

事前情報で、行列店だあることは掴んでいたした。
喜連川くんだりで、行列店とはこれいかに。と思っていましたが、開店10分前私の後ろには5人のお客さんが。
開店、第一巡、勿論私プラス5人はそのままスルーですが、後の方は。
店の規模も小さいのですが、それを上回る人気、出てくる物に自然と期待が高まります。
しかし、店全体に流れる「矢沢」の曲、そして暖簾に「夜露死苦」の文字 ^_^;
ここはラーメン屋??

で、本日食したのがこれ。
image.jpg
二代目中華そば 750円

2代目中華そばは1日20食の数量限定。第一巡目なので、難なくありつけました。(^^)v
で、お味のほうは、
スープ、鶏白湯ということですが、ちょいドロさ加減は、豚骨のそれを思わせますが、確かに臭いは無いのし、雑味も無いし、かえしは醤油でしょうか。主張し過ぎず、鶏白湯を引き立てます。
麺、極細のストレート加水麺です。博多ラーメンの麺にそっくりですね。
叉焼、トロットロで旨いの一言です。出汁に鶏白湯でも使っているのですかね?スープをまったく邪魔しません。

で、やはりここで欠点が、そう、です。
以前から言っていますが、麺にスープが絡んでこないラーメンなんて愚の骨頂です。
よく、加水細麺は、加水率が低いので、スープを吸いやすくラーメンと一体になってなんて言われていますが、そんなの大嘘、そんな麺見たこと無い。
それが出来ていたのは私の記憶ではたった2軒(残念ですが今では2軒もと閉店してしまいましたが)。
やっぱり今回もそれが見事に露呈してしまいました。まったくスープと絡まない。麺とスープが完全に独立してしまっている。叉焼はスープと相まって絶妙なコンビネーションを出しているのに、麺がそれを台無しにしてしまっている。

矢沢風に言わせてもらえば

「俺はこれでいいけど、矢沢はどうかな」

ってところだろうか。
麺の太さは選べるらしいので、別の組み合わせを試してみたいところだが、それを食べつくすほど、今回は幽閉されていないし、それをやったら確実にメタボで入院してると思われる。

この店、夜は屋号を変えて営業しているそうなので、今度はそちらを狙ってみるのみ悪くないと思う。
やっぱり、夜も矢沢なんだろうな~ ^_^;
posted by gazelle at 21:32| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン激戦区 | 更新情報をチェックする