2014年02月27日

うちの猫(=^・^=)ネコ騒動~その37~

新しい家族として猫がきた。

ものすごくヤンチャだ。(>_<)

ちょっと目を離すと何を仕出かすかわからない。

でもそこが愛らしかったりする^_^;

つい先日であるが、また、やんちゃが増えた。σ(^_^;)
image.jpg

3年前の既往より少し大きいだろうか?
比較してみる。
CIMG3979.JPG
1匹目(2008年)

PO20111113_0017.JPG
2匹目(2011年)

どうも我が家は3年に1匹づつ増えていくようだσ(^_^;)

名前は、この子の拾われた経緯により「アル」とした。
なぜ「アル」か?
「アル」は、私の地元行きつけの隠れ家「Bar AIRE」に迷い込み、マスターからSOSによって我が家に来た。
事の次第は、マスターのブログを見てもらうとして、(http://ameblo.jp/bar-aire/entry-11783179541.html
はじめはBarの名前そのままで行こうとしたが、3文字は呼びにくいとの家族からの批判で、2文字となった。 Orz

あ~。また、やんちゃが増えた。(((≧▽≦)))
posted by gazelle at 21:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫 (=^・^=) 騒動 | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

ラーメン激戦区!?~番外編 その41~

さて、幽閉先の期間が長いと同じところへ2度3度と足を運ぶことになるが、ラーメン屋に2度3度と足を運ぶことは稀である。
なぜって?
だって、折角来た土地、回らなければいけないラーメン屋さんがいっぱいあるじゃないですか。(^^♪

てなわけで、いつものフレーズ。

うちの市は「ラーメン激戦区」らしい(゜o゜)??
確かに、大勝軒、らーめん二郎、とみ田、貴生本店と挙げれば限が無いくらい多いのは確かである。
だが、激戦区だからといってその中だけで甘んじていてはイカン~(^o^)/オ~

本日、出陣したのはまたもやここ。
image.jpg
しゃもラーメン 美幸

だって、大将が自身をもって作ったって言うんだもん。
初めてではないかな、幽閉先で2度訪れたラーメン屋は。

そう。そして今日食したのはこれ、
抹茶800円.jpg
抹茶ラーメン 800円

こ、これは。。。。
軍鶏のコクと澄み切った味わいの後にほんのりと抹茶が現れます。
まさに上品な味わい。
しかし、これは、好き嫌いが、はっきり分かれるな。
私は、この上品さ加減が好きですね。
ラーメンに抹茶!! っていう方が居ると思いますが、抹茶、抹茶していないところが良いですね。
先に書きましたが、軍鶏独特の出汁の旨みの後に忘れたように抹茶が出てきます。これが正解かと思います。
多分、抹茶が前に出すぎたらOUTなんでしょうね。
いや~、ラーメンって奥深い。
posted by gazelle at 20:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン激戦区 | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

ラーメン激戦区!?~番外編 その40~

幽閉先の休日は、洗濯と買出し位のもの。
ヤモメ生活が長いと、ここら辺はさっさと終わらすことが出来、ちょうどお昼に良い時間となる。
残りの時間、ぐだぐだ過すのもモッタエナイので、0円食堂ならぬ0円観光へをのりだすのだか、

そこで、いつものフレーズ

うちの市は「ラーメン激戦区」らしい(゜o゜)??
確かに、大勝軒、らーめん二郎、とみ田、貴生本店と挙げれば限が無いくらい多いのは確かである。
だが、激戦区だからといってその中だけで甘んじていてはイカン~(^o^)/オ~

本日、出陣したのはここ。
image.jpg
しゃもラーメン 美幸

はっきり言って、ここ、ナビが教えてくれないと来れません。
住宅街の裏の路地を入って、こんなところにあるのか??、と、いくようなところに有ります。
時間はお昼時、しかし、昨日から豪雪の影響で先客は、車3台で6人、事前情報では、土日の昼時は入れないとの事だったので、ある意味、昨日の豪雪に感謝です。(^^)v

で、お店に入り、人懐っこいおばちゃんにラーメンを聞くと、一押しは「塩」とのこと。
事前情報では、塩白湯だっただが、一押しというなら、ここは塩白湯では無く「塩」で行くことにします。
塩ですよ塩、迷いも無く一押しは「塩」と言い切る辺り絶対の自信の表れですね。
あ、麺も選べるそうで、手打ちの太麺と製麺所からの細麺だそうで、ここでも迷わず手打ちでいきます。
で、食したのがこれ
image.jpg
塩ラーメン 700円

言葉は一つで十分
「うまい!!」
透明過ぎるスープ、手打ちの太麺(全然太くない)、そして塩。
どれをとってもお互いを邪魔しない。そして、麺をすすればスープが絡んできて、絶妙な加減でスープと麺が口腔に入ってくる。
こんなの食べたの鳥取の倉吉以来(http://gazzels-photo-life.seesaa.net/article/370499560.html)あそこの牛骨ラーメンもうまかったが、これもうまい!!
しかし、これが軍鶏ガラ??鶏感まったく無し。
まったく無しと言うと語弊があるので、普通の鶏ガラ感がまったく違うと表現した方が正しいか。
しかし、あの鶏独特の油感が無い、これが軍鶏の実力か。

で、オヤジさんが、つい最近、自信作をもう一本出していた。
それがこれ
image.jpg
抹茶

いきなり、抹茶である。
なんでも、調べてみると、抹茶ラーメンなるものは、オヤジさんのこの抹茶とあと2軒、計3件でしかないらしく、どこの店も酷評がついているのあるが、オヤジさん曰く、この抹茶は一味違うぞ、との事。
常連さんらしき方々に、スープだけお椀にとって出していたが、その常連さんたちが口々に「これはいける」と言っている。
あ~、塩白湯も食べてないのに、追い討ちを掛けて抹茶かよ。
ここは確実にリピーターになるな。
幽閉中にもう一度。春になったらバイクでもう一度だな。

ちなみに、ホームページはここ
http://nasubiz.jp/shamo/index.html
posted by gazelle at 20:32| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン激戦区 | 更新情報をチェックする