2013年07月06日

FJ1200 17inch化への道 ~15~

さて、前回のその14で17inch可には終止符を打ち、晴れて多種多様な現代のタイヤ達を選べるようになったはずなのですが、弊害が出てしまったので、対策を講じます。

弊害って??
これです。
CIMG0456.JPG
そうです。17inch可にあたり、リアホイール径、タイヤの扁平率が変わる関係で、純正の16inchバイアスから比べると若干、尻下がりになるのです。

どれ位下がるかと言うと。(純正はリア16inch 150/80)
16inchホイール+純正バイアス=16☓25.4+150☓0.8☓2=646.4mm

17inchホールにロードパイロット3(170/60)だと
17inchホイール+ロードパイロット3=17☓25.4+170☓0.6☓2=635.8mm

つまり、10.6mm17inchホイールの組み合わせだと尻下がりになる。
ま、GPレーサーではなから、10.6mmがどうしたなんですが、やはりそこ、せっかく17inchにしたのだし、ノーマルより10mm尻上がりにすると良いと話も聞くし(CFJの方々からの受け売り^_^;)で、用意したのがこれ。
CIMG1526.JPG

FJ1200用車高調キット
(これもCFJの某県の方が作成されているものを購入。(自分で鉄工所に頼むと、とても同価格で出来なかった(T_T)))

そう、これが、弊害打開部品です。
実は、手作りのリンクプレート、穴間が短すぎて、リヤタイヤが接地してしまっているんです。これではさすがに整備性が悪いということで、車高調キットを購入したわけです。

では、例の如く、チャチャッか取り付けますが、やっぱり、「純正+10mm」も気になります。折角ですから、リンク比も計っておきましょう。
CIMG0454.JPG
まず、純正プレート(写真下)穴芯で125.1mmです。
ついで、手作りプレート(写真上)穴芯で116.9mmです。

CIMG1528.JPG
次に、純正プレートを付けた場合のスイングアームの地上高を見ましょう。
373mmです。

CIMG1529.JPG
次に、手作りプレートを付けた場合のスイングアームの地上高を見ましょう。
343mmです。

と言うことは、純正と手作りのリンクプレートが8.2mmの違いで、スイングアームが30mm変わる事になります。つまり、スイングアームを1mm動かすには、リンクプレートの穴位置を0.273mm動かしてやれば良い訳です。
すると、純正+10mmにするには、17inchの誤差修正も含め、純正のスイングアーム地上高より20mm、低くして353mmにすれば良い訳で、そのときのリンクプレートの長さは穴芯で、119.64mmにすれば良い訳です。

CIMG1532.JPG
リンク間をノギスで測って、設置。
CIMG1531.JPG
う~ん。356mmになってしまったのはご愛嬌です。^_^;

で、リアタイヤも元に戻すと、お見事!!微妙な位置で接地しません。
ここまでしましたが、ヘタレの私に何か違いが判るのでしょうか??
ラベル:FJ1200 17inch
posted by gazelle at 22:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ1200 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック