2017年06月18日

まぼろしの6速を求めて。。。。。(その1)

さて、9ヵ月もブログをほったらかしにしていました。
最後に書いたのが去年の9月、なかなか続かないものです。Orz

さて、ツーリングなどで、長時間バイクに乗っていたり、市街地のシフトの上げ下げが頻繁になるとついつい今何速に入っているか忘れてしまい、高速では、まぼろしの6速を求めてクラッチを切ってしまったり、市街地では、1速に入れてしまったりとやらかしてしまうことありませんか?(実は私だけ??)

昨今のバイクはシフトインジケーターが付いていたり、サードパーティーが用意してくれたりと結構アイテムとして豊富にありますよね。
もちろん、汎用のものもあります。
ただ、汎用の物は、イグナイターからの信号を感知して表示するそうで、誤作動や誤表示なんかもあるとネットにあります。
で、わがFJ、探してみました。
club-FJの某オーナーさんは、エーベイや直接平行輸入なんぞしてXJRの部品を流用されているようです。
「RPM-racing Digital Gear Indicator, Engine Sender $106.80」
もちろん、国内のYAMAHA部品検索からも純正のシフトインジケーターアッシーが検索できます。
XJR1300の教習車両用のアッシーです。
1PK-82540-00 ニユ-トラルスイツチアセンブリ 21,924円

しかし、高い&英語力「0」の私には、無理。っということで、どうせなら作ってしまえとなり、見よう見まねで作ってみました。

まず、購入したもの
1L9-82540-00 ニユ-トラルスイツチアセンブリ(フツーのやつ) 1,642円
M2.5 皿ねじ 200円
VCTF 6芯 3m 300円
110型コネクタ 290円
銀ロウ溶接棒&フラックス 1,717円
ここまでで合計、4,149円(送料を除く)
2万円より安いものです。

では、まず、接点の位置決めをしてやらなければなりません。
完成形は「RPM-racing Digital Gear Indicator, Engine Sender」で見えています。
この通りの形になればいいのです。
愛馬の横っ腹、ドリブンスプロの収まっている部分を開け、ニュートラルスイッチアッセンブリを外します。
ニュートラル
IMG_0913.JPG
1速
IMG_0914.JPG
2速
IMG_0915.JPG
3速
IMG_0916.JPG
4速
IMG_0917.JPG
5速
IMG_0918.JPG
シフトを変えるごとにエンジン側の突起にインクを付け、ニュートラルスイッチアッセンブリを押し付け、マーキング。
その穴に2.6mmのドリルで穴をあけるとこんな具合。
IMG_0869.JPG

さて、まずはベースが出来ました。
posted by gazelle at 19:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ1200 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック