2017年06月20日

まぼろしの6速を求めて。。。。。(その3)

早速、出来上がったシフトインジケーター用アッシーを愛馬に取付けます。

久しぶりにココまでバラシました。(いや~ん)
IMG_0912.JPG
また、光軸狂うな (T_T) 誰か光軸の簡単な合わせ方知らないかな (>_<)

横っ腹のドリブンスプロのカバーを外し、ニュートラルアッセンブリを交換します。
IMG_0919.JPG
完成形は、こんな感じですね。
蛇足ですが、ココではこんな感じと簡単に言ってますが、マフラーの太鼓を外して下にあるネジを緩めないと、既設のハーネスが短すぎて、手が入らないです。
また、既設の圧着端子も加工する必要があるので、太鼓を外さないと無理です。
既設の圧着端子の加工は、前回も触れましたが、1速とニュートラと2速の端子の間があまりにも狭いので、既設の圧着端子がどちらかに触れてしまうのです。

無事にシフトインジケーター用アッシーを取付けましたが、問題が。
VCTFの6芯が以外にも太く、既設ハーネスと干渉してしまい、チェーンに触れてしまう可能性が発覚。
急遽、熱収縮チューブを調達、VCTFを剥き、熱収縮チューブに入線。インシュロックで押さえに抑えて、何とか取り回しました。
あとは、外したカウルとメインフレームに添うように配線。電源は、ECTの繋がったキーボックス下のアクセサリー電源へ繋ぎ完成。テスト表示も問題なく、インジケーターの本設へ。

本設場所は、メーターと鹿の角空間へ(ETC受信ユニットのとなりへ)
ニュートラル
IMG_0920.JPG
1速
IMG_0921.JPG
2速
IMG_0924.JPG
3速
IMG_0925.JPG
4速
IMG_0926.JPG
5速
IMG_0927.JPG
ちょっと反射してしまって見難いですが、ちゃんと表示してくれました。
本当は、ニュートラは「0」でなく「N」にしたかったのですが、アマゾンにはありませんでした。(香港アマゾンにはありました。けど、輸入する英語力がありませんでした。Orz)

これで、まぼろしの6速を求めてクラッチを握ることがなくなります。
早速、試したかったのですが、あえ無く時間切れで幽閉場所へ帰る時間となってしまいお預けです。(ToT)/~~~

さて、今回の総費用です。
1L9-82540-00 ニユ-トラルスイツチアセンブリ(フツーのやつ) 1,642円(webike)
M2.5 皿ねじ 200円(ホームセンター)
VCTF 6芯 3m 300円(アマゾン)
110型コネクタ 290円(2りんかん)
銀ロウ溶接棒&フラックス 1,717円(アマゾン)
熱収縮チューブ 6mm計 221円(アマゾン)
熱収縮チューブ 4mm計 139円(アマゾン)
インジケーター 990円(アマゾン)
バーナートーチ 1,736円(アマゾン)
合計:7,235円(送料を除く)
XJR1300の教習車両用アッシー 1PK-82540-00 21,924円より格段に安いですね。

後は、耐久性がどんなものなのかですね。
届かないことを承知で英語力に任せ、並行輸入したほうが安いのか、YAMAHAで買ったほうが安いのか。
追加レポートをお待ちください。

ちなみに、今回のマーキング位置を型紙に起こしてみました。
大体各ギア60度くらいで回転しているみたいですね。
アセンブリ.pdf
posted by gazelle at 11:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ1200 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451011163
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック