2014年05月19日

MEISTERと言う名のオイル ~その3~

さて、meisterに入れ替えてから400kmほど遠出です。

遠出と言っても、幽閉先へ相棒を持っていくだけのことです。

では、meisterのインプレです。

今回ルートは、外環から東北道に抜け、福島から国道115号を抜けるコースです。
総距離約300kmの内、250kmが高速の定回転区間、このオイルの劣化とせん断判定にはもってこいなコースです。

まず、外環、東北道
5速、100kmのクルージングです。
回転数は3800rpmほど。
外気温25度、油温90℃
体感的にはやはり「外気温がこれだけで100kmの風が当たってこれだけ??」(MEISTERと言う名のオイル ~その2~参照)という前回と感覚です。

続いて、国道115号
高速を降りてからの市街地&高速ラインディングです。
まず、市街地から。
3速、4速多様のゴー&ストップ。
外気温25度、油温110~120度
やはり、市街地。信号によるゴー&ストップは空冷には辛いですね。一気に油温が上がり始めます。
私が慣れてきているのか、それとも残っていたChevron(オイル交換ではどうがんばっても200ccは残ってしまう)が悪さを始めたのか、はたまた、高速移動による長時間定回転せん断でオイルが汚れたのか。エンブレを体感できるようになって来ました。

そして、山道へと高速ワインディング。
3速~5速
外気温25度、油温110度
登り坂でも5速で行けるのは特出すべきところなのでしょうか?回転を落とさず平気で登っていきます。
まったくゴー&ストップが無いのに油温が高いのは、頻繁なアクセルワークとギアチェンジのためなのでしょうか?
やはり下り坂は、体質量のFJであるためか、エンブレの効きは、他の2つより悪いです。が、以前より効くようになったのは確かですね。
やっぱり慣れたかな??

300km走って、燃費は17.8km/lit
ほぼ、高速道路移動でこの燃費。
普通にmeisterなんぞ入れなくても、Chevronで十分ってことになるな。 Orz
もちろんXADOはその上だけど。(^^♪

でもこの外気温で10w-40が120度あたりなのは、なにかあるのかな??
posted by gazelle at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | FJ1200 | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

ラーメン激戦区!?~番外編 その43~

がんばろー福島
がんばろー相馬

そう、現在、福島に幽閉されているわけですが、福島浜通は結構ラーメン店が多いことに気づきます。

てなわけで、いつものフレーズ。

うちの市は「ラーメン激戦区」らしい(゜o゜)??
確かに、大勝軒、らーめん二郎、とみ田、貴生本店と挙げれば限が無いくらい多いのは確かである。
だが、激戦区だからといってその中だけで甘んじていてはイカン~(^o^)/オ~

本日、出陣したのはここ。
写真3.JPG
光ドライブイン

ここの売りは、「すり鉢」
そうです、あのすり鉢です。それにラーメンが入ってくるのです。
で、本日食したのがこれ
写真6.JPG
すり鉢みそカレーめん 900円

ただ単に味噌ラーメンにしてしまうとすり鉢の意味が無くなってしまいそうだったので(←なんのこったい)あえて、ジャンキーにしてみました。
すり鉢だからさぞ大盛かと思いきや。麺の量は1.5倍かな?(普通よりは多い感じがします)、器の大きさに合わせて野菜がたっぷり、スープもたっぷりなので、完食は艱難でした。

で、店内を見回すと。
写真4.JPG写真5.JPG
気がついた方いますかね。
そう、5玉入りを完食すると3000円(40分時間制限つき)
さらによく見ると、2012年に女性が完食している。\(◎o◎)/!
さすがに5玉は尋常じゃないでしょ。(^^;
私が食している隣で、定食を食べている方がいましたが、ものすごくボリューミーでした。

実は、このドライブインの真横もラーメン屋、それも味噌ラーメン屋(赤と白の味噌を選べるらしい)。
ああ、もう、足を運ばないといけないところ多すぎ、またメタボ一直線 Orz
でも、相馬近辺のラーメン屋ってみんな「味噌」だけど何かあるかな?
posted by gazelle at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン激戦区 | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

ラーメン激戦区!?~番外編 その42~

確か、去年もこの時期に、他現場からヘルプが係り、現場上がりで休みらしい休みも取れず、山陰初のスタバが出来た県へいそいそと出向いていったが、場所は違うとはいえ、よもや今年も同じ運命になるとは。。。。Orz

てなわけで、いつものフレーズ。

うちの市は「ラーメン激戦区」らしい(゜o゜)??
確かに、大勝軒、らーめん二郎、とみ田、貴生本店と挙げれば限が無いくらい多いのは確かである。
だが、激戦区だからといってその中だけで甘んじていてはイカン~(^o^)/オ~

本日、出陣したのはまたもやここ。
写真.JPG
翔屋

実は、今日で3回目。(^^♪
ここの店の売りは、味噌ラーメン。
それも、器を直火で焼く、直火味噌ラーメン。
器の土手に辛味噌が置いてあり、それを溶かして、好みに合わせるのだが、店の看板曰く、「直火味噌ラーメンのおいしい食べ方 熱いうちに、辛味噌を全部溶かし、ニンニクを一かけらつぶし入れ、早くお召し上がりください」
って、器が熱くて不可能だろって突っ込みを入れたくなる、おいしい食べ方の通り行うと、いや、うまいよ。(^^♪
辛味噌を溶かす前のスープは、それはそれでしっかりとした味噌ラーメンとして成立しているし、辛味噌溶かして味を変えても決して邪魔しないし、それとして成立する。
何よりうれしいのは、麺にスープが絡むこと絡むこと。やっぱりラーメンはこうでないと。
そして、2回目はメニュー表に小さく「辛味噌はカレー味噌にも変えられます」の一言に釣られて、食してきた。
またこれは、これで有りだが、カレーが入ることで、ジャンクな物に変わってしまうところは、否めない。
そして、本日は、メニュー制覇をするつもりは無いが、「塩」がどうしても目を引いたので、3度目の来店となった。
そう。そして今日食したのはこれ、
写真2.JPG
直火塩ラーメン 711円(690円)

味噌ラーメンは803円(780円)なのだが、塩はちょいとお安い&具もちょいと違う。
ただ、麺は同じで、絡みもgood(*^^)b

あと、この店で食べていなのは、坦々麺とつめ麺。
国道沿いとはいえ、結構な繁盛店、昼飯夕飯時は長陀の列なので、次はいつになることやら。
posted by gazelle at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン激戦区 | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

MEISTERと言う名のオイル ~その2~

さて、meisterに入れ替えてから200kmほど遠出です。
今シーズン初め、解禁明けの「生しらす」買いに例の如く、小坪へ行ってまいりました。

残念なことに、消費税8%のおかげで、200g、630円が640円へと値上げされていました。(T_T)/~~~
鳩サブレは相変わらず、最小パッケージは500円据え置きでした。(^o^)/

では、meisterのインプレです。
XADOみたいに書きましょうね。

今回ルートは、中央環状から湾岸に抜け、朝比奈峠から小坪に出て同ルートを戻るコースです。

まず、中央環状
恕渋滞のすり抜けです。2速、3速の多様、ほぼ2速でのだらだら走行。
外気温は17℃程度、油温110℃
体感的に「そんなものでしょ」的な油温。
音は静かです。カチャカチャという音は聞こえてきません。
スロットルワークによるエンジンレスポンスもいい塩梅です。

湾岸
5速、100kmのクルージングです。
外気温変わらず、油温90℃
体感的には「外気温がこれだけで100kmの風が当たってこれだけ??」XADOChevronは80℃位まで下がったぞ。
音、エンジンレスポンスとも良好。というより、自分が慣れてきたか。

朝比奈峠
2速、3速多様で、スロットルのON-OFFで、油温は100℃
音、エンジンレスポンスとも良好。
相変わらず、エンブレが掛らん(前ブログ参照) (>_<)

211km走って、燃費は15km/lit
駄目駄目じゃん。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
20km位出してくれるとお得感あるのだけれでも。。。
これで、メーカーサイドが言う交換サイクルなら、走行距離当りのオイル単価は、自動車オイル並みになるのだけれど。。。
このままだとChevronの方が優秀ってことになるな。 Orz
もちろんXADOはその上だけど。(^^♪

やはりこの時期、10w-40はやはりFJには無謀なのだろうか??
posted by gazelle at 22:47| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | FJ1200 | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

MEISTERと言う名のオイル ~その1~

こんなオイル聞いたことが無い。

いつも車検に出すバイク屋さんへいつもの通り、今回で3回目の車検に出しに行ったときのことである。

前にも一度、勧められ、その時はまだXADOの供給に不安が無かったので、また今度と言っていましたが、XADOの供給を絶たれ、Chevronを使用していた私にはちょっと朗報だったりするのです。

別にChevronが悪いオイルなんて言ってません。
2000km走って(6ヶ月放置していても)もこんなもんですから。
image.jpg
触った感じは、粘度もしっかりあり、さほど汚れてもいません。指の指紋に汚れが残りませんでした。
と言うことは、Chevronはまだまだしっかり使えてるわけであります。

そして今回入れたMEISTER 10W-40
image.jpg
不思議なオイルです。
オイル製造元の宣伝です。http://meister-oil.jp/ オイル製造元なので、半信半疑で読んでみてください。
しかし、この不思議感をなんて表現すればいいのでしょう?
まず、エンジンのメカノイズが極めて静かになる。
吹け上がりが軽い。
XADOの時のような新鮮な驚きがありました。

しかし、全く不思議なオイルです。
とにかくびっくりしたのが、エンジンブレーキが掛らない
初期のスバルレオーネに乗っているかのよう(知らない人はわからないね)に掛りが弱い。危うく前の車にぶつけるところでした。
ただ気になったのが、油温。オイル交換後5分位街中を流してきたのですが、あっと言う間に80℃(外気は14℃程度)を越えてしまいました。これはXADOでもChevronでも見られなかった現象。
ちょっと上がり方が早い気がしますし、停車後、割と風が吹いているにも関わらず、油温が下がらない。熱性状はXADOよりChevronに近いか。
やはりこのままだと、真夏の東京の恕渋滞では、不安が残ります。

さてさて次にやっぱりバイク屋の店長が出してきたのがこれ
image.jpg
(写真が横でご免なさい m(__)m)
何でも粉砕型コンパウンドとか言って、これ一つで粗目~鏡面仕上げまで全て済んでしまいます。
お客さんのタンク見て、判るでしょ!!
image.jpg
このコンパウンドだけでこれです。
粗目から仕上げまでこれ一本。正にびっくりです。
ただ、残念なのが750mlでしか売っていないこと。
素人がこんな大きなボトル買って、使い切れないよ。
posted by gazelle at 20:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ1200 | 更新情報をチェックする